menu

名古屋セラミックス株式会社では、優れた”タイル”をこだわりで選び抜き、快適な生活や暮らしの中に提供いたします。

部分弾性接着剤貼り工法

部分弾性接着剤貼り工法 タイルエース F内・外装 大形タイル接着用 速硬化品

タイルエースF
張り付け可能時間 40分以内/23℃
15分以内/35℃
標準使用量 5㎜クシ目平滑下地2.0~2.5㎏/㎡
ビード塗布Φ10㎜ 約1.6本/㎡(500㎖規格)

適用部材

<仕上材>
◆陶器質のタイル
◆せっ器質のタイル
◆磁器質のタイル

形状
タイルの寸法 600×900㎜以下
タイルの厚さ 11㎜以下
裏足 無し

※タイルの裏面に樹脂等で補強している製品の場合は付着できない場合があります。事前に確認下さい。

<下地材>
◆コンクリート、モルタル面(含水率8%以下)
◆押出成形セメント板
◆合板(1類合板)、各種乾式ボード
◆ケイ酸カルシウム板(比重1.0以上)
◆ALCパネル(ポリマーセメントモルタルで下こすり)
◆石膏ボード
◆フレキシブルボード(オートクレーブ処理品)

使用できない箇所

●直火が当たる箇所
● アスファルト下地
●常時80℃以上の高温がかかる箇所
●吸水調整材を施した下地
●浴槽内で常時水に浸漬している箇所

特長

(1) 大形タイルの張り付けに適した速硬化タイプの接着剤です。
(2) 湿式及び乾式下地の内・外装のタイル張りに使用できる接着剤です。
(3) 内・外装用として多くの実績をもつ、耐久性に優れた弾性接着剤です。
(4) 一液タイプであるため、作業が容易です。
(5) 厚生労働省の指針値策定14物質を使用しておりません。
(6) フィルムパックのため取り出し易く、廃棄物が少なくなります。

注意が必要

●石材(裏面をプライマーMP2000で処理して下さい)
→必要に応じてタイルエース石材用を使用して下さい
●収縮の大きい乾式ボード下地
●塗装されている下地
●経年劣化下地(改修・補修)の場合

金物

本工法は、基本的に金物との併用です。
◆外装
<高さ3m未満>自重受け金物*1(ZKK-1
<高さが3m以上の場合>緊結金物*2
◆内装
<高さ3m未満>不要(但しずれ止めは必要です)
<高さが3m以上の場合>緊結金物*3
*1:タイルの自重によるせん断力を上回る保持力を金物で確保できるものを使用する。
*2:タイルの自重によるせん断力、風圧力(負圧)、地震時の慣性力の総和を上回る保持力を確保できる金物を使用する。
*3:タイルの自重によるせん断力を上回る保持力を金物で確保できるものを使用する。

その他注意点

*不陸調整する場合、JIS A 6916(建築用下地調整塗材)のCM-2に適合する既成調合モルタルを使用して下さい。
*モルタル表面は金鏝仕上げとして下さい。
*吸水調整材やシーラーには接着剤がつかないので、接着剤が直接触れる箇所には使用しないで下さい。
*基本的には下地の各種ジョイント(ワーキングジョイント及びノンワーキングジョイント)では、タイルは跨って張らないで下さい。

施工方法

※1:緊結線による固定をする場合※2:自重受けを行う場合

接着剤ビード状塗布 施工方法
接着剤をビード状塗布にて施工してください。

1.下地の検査、調整、清掃
タイル張りに先立ち、下地の浮きの有無、密着性・強度を確認して下さい。浮きは補修し、下地を充分乾燥して下さい。強度不足は補強して下さい。下地の汚れ(ゴミ、ほこり、水分、油など)や型枠離型剤、金属の錆、コンクリートのレイタンスは取り除いてください。不陸が大きい場合は、JIS A 6916のCM-2に適合する既成調合モルタルを使用して下さい。
※吸水調整材やシーラーには接着剤がつかないので、接着剤が直接触れる箇所には使用しないで下さい。

2.接着剤の取出し
タイルエースFのフィルムパックの端部をカッター又はニッパー等で開封して下さい。専用のガン(クリーンパックガンCG)にセットして下さい。又必要に応じてノズルの先端をカットして下さい。開封した接着剤は直ぐに使い切って下さい。パック開封後の保存は出来ません。

3.接着剤の塗布
接着剤は下記を目安に、タイルの裏面に塗布して下さい。
接着剤の塗布量…<下地の精度が長さ1000㎜につき約3㎜以内の場合>接着剤の塗布高さは5㎜以上、<下地の精度が長さ1000㎜につき約3~6㎜以内の場合>接着剤の塗布高さは10㎜以上。接着剤の塗布割合…タイルの裏面に100㎜間隔で壁面の上下(縦)方向に塗布してください。塗布量の目安は、ノズル口径がΦ10㎜の場合、約1.6本/㎡(500㎖規格:ロス分含まず)です。

4.タイル張り付け
張り付け…接着剤を塗布後直ちにタイルを張り付けて下さい。タイルは下から積み上げます。タイルの張り付けは接着剤の可使時間内に行って下さい。(タイルエースFの可使時間の目安は塗布後、15分以内/35℃、40分以内/23℃です。タイルは水湿ししないで下さい。濡れると接着できなくなります。圧締…タイルは仕上げ材の面精度の基準位置までモミ込むように押さえつけて下さい。緊結線の固定…タイルの圧締が終了後、緊結線を壁面に固定します。自重受け金物を使用する場合は、タイルを自重受け金物で支えるように張り付けます。

5.目地直し
接着剤の可使時間内に目地直しを行って下さい。

6.タイル清掃
接着剤が硬化後、カッター等で接着剤が薄くなるまで削って下さい。残った接着剤は、砂消し等で削って除去して下さい。硬化前は、有機溶剤(シンナー、アセトン)で除去もできますが、接着剤が広がって薄く残り、タイルの経時での汚染を引き起こす場合があります。

7.目地詰め
接着剤が硬化(接着剤施工翌日以降)した後、目地詰め作業を行って下さい。冬場(低温時)は硬化が遅くなりますので、硬化状態を確認した上で目地詰めを行って下さい。

使用上の注意

1. 接着施工は5~35℃の環境温度で行って下さい。(タイルエースFは硬化が早いので、高温時は避けてください)
2. 降雨時、降雪時などで、接着面が濡れているような時の接着施工は避けて下さい。
3. 接着施工に使用した塗布道具などは、接着剤が硬化する前に有機溶剤(シンナー、アセトン)を湿らせたウエス等でふき取って下さい。
4. 接着剤は極めてカブレの少ない組成としていますが、皮膚などに付着したときは、速やかに石鹸などで洗って下さい。
5. 本包装には防湿機能を持たせてありますので、ご使用時までは開封しないで下さい。
6. 下地の防水は、接着施工とは別に行って下さい。
7. 接着剤は、5~35℃の直射日光が当たらない場所に保管して下さい。
8. 接着剤は湿気で硬化しますので、開封後は早めに使い切って下さい。
9. 接着剤は本用途以外には使用しないで下さい。
10.接着剤を使いきってから廃棄して下さい。残っている場合は硬化させてから廃棄して下さい。廃棄する場合は地域の条例に基づき処理をして下さい。
11.シーリング材としては、変成シリコーン系を使用して下さい。
12.接着剤が露出する場合は必ず目地詰めを行って下さい。
13. タイル間の目地部をシーリング充填する場合は、最下部及び開口部上に水抜きを設置して下さい。

取扱い上の注意

1. 皮膚に触れると、体質により肌荒れの原因となる場合があります。ゴム手袋などの保護具を使用して下さい。
2. 皮膚に触れた場合は、すみやかに石鹸等を用いて洗い落として下さい。
3. 目に入った場合は水でよく洗い流し、異常のある場合は医師の診察/手 当てを受けて下さい。
4. 作業場所はよく換気して下さい。
5. 火気を近づけないで下さい。
6. 詳細な内容が必要な場合は、安全データシート(SDS)を参照下さい。